骨董品 買取 比較

骨董品を高く買い取ってくれる業者ランキング

骨董品の高価買取、スピーディかつ的確な査定で評判の良い、全国出張見積りをしている買取業者の紹介です。

骨董品買取業者選びのコツ|押さえておきたいポイント3つ

    • 「鑑定歴」

    • 「鑑定件数」

    • 「精通ジャンル」

ご家庭内に眠っている骨董品。業者へ買取お願いしたい人もかなりいることでしょう。買取をお願いするうえで、さしあたって気掛かりなのが「何処で買って貰えばいいのか?」だと考えられます。ほとんどご近所を探してみると買い取りショップは、チラホラ見つかると思います。しかしながら、教えてほしいのは「何処で買ってもらえばいちばん高く購入して貰えるか?」だと思います。

骨董品には、いくつかのプラスアルファが付いてくる物も頻繁にあり、予想をビックリする位上回る高い金額で買取を行ってくれる業者も数多くあります。普通の人には骨董品の値打ちはわからないですが、買取業者に在籍している鑑定士に掛かればすぐにその適性な価値を判断してくれます!

しかし、心がけなければいけないのは「鑑定士にも異なりがある」というポイントです。言うまでも無く、どんなカテゴリーについても個人個人で差が起こります。1つの例としてプロアスリートだったとしても、日本代表に選ばれるような人もいれば、選び出されない人もいるというわけです。この差を見定めることは容易なこととは違うのです。

 

 

骨董品買取業者おすすめ

 バイセル

骨董品買取で顧客満足度 No.1を目指す│バイセル

●親から譲り受けたものの、ご使用されない
●引越しや衣替えをきっかけに処分を検討されている
●売りたいものが大量にあって持ち運ぶのが面倒
●生前整理や遺品整理など

出張買取 郵送買取 店頭買取 受付時間
○ 出張無料 ○ 送料無料 年中無休 24時間受付

 

「骨董品を買取りしてほしいけれど、古いから値が付かないのでは・・・?」

ご安心ください。箱書がなくても、ヒビ割れが入っていてもでも喜んで査定いたします!

 買取プレミアム

骨董品買取なら!査定のプロが満足価格で|買取プレミアム

「安心・安全」をモットーに
着物や切手、ブランド品などお客様が使わなくなったお品物を
ご自宅まで無料で出張、査定、買取するサービスです。

出張買取 郵送買取 店頭買取 受付時間
○ 出張無料 ○ 送料無料 年中無休 24時間受付

 

骨董品買取なら!査定のプロが満足価格を保証します。僕らはこれまで多数の骨董を拝見してまいりました。あなたのどんな質問やご依頼内容にもスムーズに対応いたします。

 福ちゃん

骨董買取専門【福ちゃん】骨董品買取/古美術買取

「骨董品・古美術品をどこよりも高く買取る自信があります。」

出張買取 郵送買取 店頭買取 受付時間
○ 出張無料 ○ 送料無料 年中無休 24時間受付

 

あなたの骨董品の査定価格お教えします!真贋鑑定もお任せ下さい。掛け軸や絵画、中国美術に西洋アンティークまで幅広く鑑定いたします。

 ウルトラバイヤーズ

他店で断られた茶道具や骨董品でもウルトラバイヤープラスなら買取可能です!

出張買取 郵送買取 店頭買取 受付時間
○ 出張無料 ○ 送料無料 - 年中無休 24時間受付

 

ウルトラバイヤープラスでは、買取らせていただいた商品を、海外などで再販できる販路を複数もっています。そのため、他社買取店より高く買取らせていただく事が可能です。当社では海外にも独自の販売経路を持っており、買取商品をすぐに売ることが可能です。

 おたからや

骨董品の買取ならおたからやにおまかせ!

骨董品・武具・馬具・陣笠・陣羽織などの買取の事でしたらどのような内容 でもお気軽にご相談ください。骨董品類の買取価格は、その時代、真贋、出来映え、稀少価値、保存状態などで決定 されます。

出張買取 郵送買取 店頭買取 受付時間
- ○ 送料無料 - 年中無休 24時間受付

 

お客様に心から満足していただけるような査定額をお出しできるように、私はこれからも「継続は力なり」を胸に、邁進してまいります。

少しでも高く!骨董品買取の前にやっておきたいこと!

わずかながらでも高い価格で買い取って貰う為には、骨董品買い取りをお願いする前に終えておくべきことが何件かありますからご案内したいと思います。何より、「ちょっとでも良質の保管状態を確保する」ということになります。これは骨董品を保管する上でいちばん大事な点だと思われます。おんなじ骨董品でも色あせやサビなどが見られるとかなり買取希望価格が悪くなります。できることなら湿度や塵から守ってくれる防塵庫に収納しておくといいでしょう。

その次は意識してほしいのが「付属品を準備しておく」です。身近な例から言うと、ゲーム機器を中古ショップに買い取って貰う際は、本体だけで売るよりも、ケースもあれば取扱い説明書などの付属品があった方が高く買っていただけます。このことは骨董品にも該当することで、美術品であるなら額だったり、壺や茶器などは、保全ケースなどを保持しているとかなり見積もり価格が加算されることになります。

もうワンポイント。それは買取をお願いをするシーズンです。おんなじ骨董品だったとしても買取シーズン次第で、価格が異なってきます。ただ単に経過年数が長時間に渡るから高価格だとは言い切れません。その度に旬のジャンルがあります。骨董品買い取り業者も道楽で買取をするなんてことはなく、買い取り後に売却までしていきます。そのためにもトレンドに乗っている骨董品を希望していることになるのです。

一番最後に、これはマイナス効果!ということが「骨董品をクリーニングする」という所です。確かに埃やサビが見当たらない方が割高で買取をお願い可能なのですが、掃除したことでダメージをつけてしまったり、悪い場合には、使い物にならなくなってしまう可能性も考えられます。覚えておいてほしい事は、現状キープですから、無理矢理クリーニングする理由はないということなんです。

骨董品の場合では、購入した時には転売を考える人はあまり多くない為、保管ケースなどの付属物を取り置きすることは少ないといえます。また、防塵庫などに仕舞っておくことも稀でしょう。ただ、こちらのサイトに訪れた以上、骨董品買い取りする前にしておくべき事は、認識してくださったと思われます。可能なことだけで良いため、前準備を調整し骨董品の買い取りをお願いしましょう。

 

骨董品買取 損した話 得した話

骨董品買い取ってもらう場合、見通し全く違うこととなるケースも少なくはないです。高名な骨董商から譲与した骨董品を、買い取り業者見積もり依頼したところ、贋作だった!というケースや、先祖の遺品を整理しいたら思いもかけないお宝品が発見できた!といった声をよく聞きます。いずれ骨董品買取を活用する前の基礎知識として、骨董品買取であったありのままの話をご案内したいと考えます。

差し当たって、損失を出してしまった!という内容。父親が道楽で収集していた骨董品の数々を形見整理のタイミングに専門会社へ買い取りのお願いを行った。骨董品には、茶器、美術品、アンティーク品が数十点ありましたが、鑑定士のお見立て後に4~5のカテゴリーに区分けされていた。相談にのってみると、この内2つのカテゴリーの美術品は、1点数万円で買取OKとの事。それを耳にした依頼人は、その買取業者では処理せず、別の鑑定士の元へ行ったと聞きました。

美術品は、20点程あったことから、どんなにひどくても100万円くらいで買取を依頼可能と位置付けていたようで、あと3グループの骨董品については、大ざっぱに破棄してくれとの事だったが、これは、鑑定士が仕掛けた罠だった。実は、このあと3グループの内1グループに一点10万円以上の値がつく骨董品もあって、トータル数百万円にもなったとか。直前のお金に目がくらんでしまうとこのようなインチキのような損害にあってしまうことだってあるということです。

さて、反面得をしたお話。親類の叔母から、譲り受けて欲しいとお願いがありまして、うちに持ってきたものの彩るスポットがなくて物置に取っておいた額入りの絵。叔母の家には今まで飾ってあり、年期が入ったことだけは察知したようですが、価値はわからないままでアバウトに取り扱っていました。やがて叔母も亡くなり、預かっていた絵画の鑑定お願いしたところ、滅多に無い価値の高い絵画だそうで500万円の値が付いたということ。あとになって耳にした話では、叔母は、この絵画の価値をわかっており、いずれ活用してもらいたいという意味合いを込めて譲ったとか。

それから、こういったふうに骨董品は、意外に身の回りにあるわけですが、知らなければ損をすること、得する事、いずれもあり得ます。しかしながら、どのような人も得をしたいと希望される事でしょう。このサイトでお知らせしている骨董品買い取り業者なら確実な価値判断をしてもらえるので心配することなく依頼可能です。どうぞ、念頭においていただきたいです。

 

骨董品買取のコツとは?高く売るためのポイント

倉庫で蔵で物置で見つけ出した骨董品の数々。
美術品、陶磁器、掛け軸、刀剣、アンティークな食器に着物などなど、ずぶの素人目には本質はわかることはありませんが、ひょっとしたら高値で取引できるかもしれないという見込みが沸き上がってしまいます。
貴重なお宝発見の機会ですから、ちょっとでも高額で引き取っていただきたいという考え方が人の普通の姿。
骨董品を割高で買い取って貰うには何かしらテクニックがあるじゃないでしょうか?
高く買って貰うことに必要なキーポイントなどと一緒にお伝えいたします

 

保存状態を良くすることが高価買取の重要ポイント!

骨董品を高い値段で買って貰うようにする為には、鑑定して貰う骨董品の保管程度がいいことが基本です。
いかに名手の作品だったとしても銘のある器でも巨匠の絵画でも、保管程度が良くなければ価値は下がってしまいます。

もしもお家にこういった価値の期待できそうな骨董品があるなら、日常的にお手入れをして保存状態を良い状態にしておく事がキーポイントです。
もうすでに傷んだ状態で発見されたケースでは、これよりもっと傷みが進まないように大事に保管して、できるだけ早く鑑定に出す事をお奨めいたします。

長期閉め切った蔵や倉庫など湿気がいっぱいホコリも蓄積しやすいので、骨董品からしたらかなり悪影響を与える環境条件下にあるということです。
仮にそこの所に何かしらしまわれていたとしたらお早目に持ち出して、コンディションを見定めることが重要です。
特に紙がもとの掛け軸や絵画は気温変化や湿度に極めてデリケートなので、ごく短時間で悪くなってしまうという事を意識しておいた方が良いでしょう。

 

付属品があれば価値が上がる

1つの例として掛け軸や陶器には銘が入った木の入れ物、茶道具なら保全箱、着物には収納袋、宝飾品には鑑定書などといった具合に、骨董品においてはそれらの創作品の出自を明らかにするための箱や鑑定書などが存在しています。
こういった入れものが備えられていているかどうかで価値は倍額を超えるケースがあります。
倉庫とかで発見されてる骨董品になると箱などがいつの間にやらなくなり探しても見つからないなどのケースがありますけれど、万が一可能性もあるのでぜひもう一度しっかりと意識して探していただきたいです。

無いのでと考えてオリジナルのもので賄ってしまうとむしろ価値が悪くなるのでお気を付けください。

 

店舗・出張・宅配買取業者メリットとデメリットとは?

骨董品を買い取って貰う為には差し当たってどのような買い取り業者があるか、いい点と悪い点あわせてご説明します。
多少なりとも高い値段で買って貰うための役立ててみてください。

・有名なチェーン店舗
新聞広告欄やTVコマーシャルで周知されている有名なフランチャイズ買い取りショップは認知度があり、あちらこちらに店舗があるので骨董に詳しくない人でも入りやすいという敷居の低さがメリットとなります。
ただし有名店ゆえにその地域ごとにスタッフさんである鑑定士の技量に開きがあり、買取金額も高額になりにくいデメリットが見受けられます。

・小型店舗
個人経営商店や小さな規模の骨董店は独自に秀でている部門がございます。
簡単に説明すると美術品専門、刀剣専門、書画専門、茶道具専門など、商材それぞれできちんと価値を判断してもらい考えてもいなかったより高額での買取ができるアドバンテージが存在します。
けれどもお店への運び込みが基本になっていて、茶碗や運びだしできる掛け軸くらいならそれほど気張らずに持ち込めますが、大きめな陶磁器というものは運び込む事がむずかしい事がデメリットです。
また茶道具専門店へ専門外の掛け軸をもち込んで安く買いたたかれてしまうリスクがあるので、店舗の選定が肝心だと言えます。

・宅配買取専門タイプ
宅配便を利用した買取専業ジャンルはお店を構えた上で宅配も扱っている業者と、店舗がなく宅配専門の業者が存在します。
お店を出しているお店のケースでは、店舗継続のコストが必要なため割高な買取はいまいち見込まれません。
いくらかでも高額買取をするなら無店舗事務所がもってこいです。

宅配便を利用した買取業者はあなた自身のケースで骨董品を送り込む事ができ時間節約が期待できる事がメリットです。
しかし荷作りが甘かったり、送った後の骨董品の様子をご自身の目で見てチェックすることができないデメリットもあります。
また買取が成立しないとしたら返送取り扱い手数料なんかもプラスされるのでまず価格をチェックしましょう。

・出張訪問買い取りタイプ
訪問出張買取スタイルも宅配便による買取と一緒で、お店があるお店と無店舗業者があります。
どちらにしても電話1本やWEB予約で買取お見積りに来て貰う事が出来るから、運送の為の梱包や遠くの店舗に持ち込みしたりとかのめんどう省けるのでメリットがものすごくあります。

かつ鑑定士が家に来てくれるから、対象の骨董品じゃなくてもオプションで気に掛かる骨董品をリサーチしてもらう可能性も考えられます。
実は処分しようと考えたものが思いもかけないお宝だったことだってあるのでありがたいものです。
しかし、中には合点が行かない業者が見られますのでお気をつけください。

 

経験豊富な鑑定士がの存在が重要

骨董品の値打ちを鑑定して買い取り額を決定づけるのは各骨董品買い取り業者の鑑定士です。
業者ごとに鑑定士の数やよく理解しているカテゴリー、キャリアは異なってきます。

こちらのサイトのランキングは上記で述べたとおり、「鑑定歴」、「鑑定件数」、「精通ジャンル」などを比較するカギとしていますけれど、鑑定士の技量に大いに影響する事により、骨董品の価値を手を抜くことなく鑑定してくれるかどうか、つまりは高く売ることができるかそうでないのかに関わってきます。

では、骨董品買い取り業者の鑑定士とはいかような職業だと思いますか。

骨董品鑑定士と呼ばれることも多い骨董品を鑑定する稼業だが、骨董品を査定するには「美術鑑定士」の資格がなくてはなりません。

ただし、美術鑑定士というものは、資格を取得することに必要なスクールはなく、試験もありません。もとより厳密な意味では「資格」という概念じゃないのです。

骨董品の鑑定というものに関しては、資格という基準をしっかり作ることそのものがあまりにも困難だという、美術品だからこそな面のあるため、「美術鑑定士」というものは資格と言うより「称号」に近いであると言えます。

つまりは、極端な話ですけれど、だれもが骨董品鑑定士(美術鑑定士)を名乗ろうと希望するなら名乗れます。

各業者で買取額にものすごくズレが見られたりするのは、この鑑定士の質の違いことなどもある意味要因なんでしょう。

ところで、セミナーも試験も資格もない美術鑑定士には、どうなるのでしょうか。

美術鑑定士として勤務している周りの人から学習したり、長く骨董品の鑑定に携わっている人からじかに指導を受ける、美術館施設や画廊、ショップで勤務しながら見識を手にするというしかたが多いようです。現実に、「学芸員」の資格を保有している美術鑑定士も多いみたいです。

美術鑑定士としていいやっていくには、骨董品が何時の時代のものであるのか、どんな人によって作り出された作品なのか、いかなる品質で作成されているのかなど、あまたある量の見識と経験値がなくてはなりません。かつ、高名作家じゃない骨董品でも美術的、歴史の上で価値が高いものもいっぱいあるので、その価値の判断を間違えない力もまた知識と経験がなくてはならないものだと断言できます。

買取を活用する業者にはいかなる鑑定士がいて、どういったやり方での鑑定経験を持ったのかが大事なポイントと言えます。

また、一言で骨董品と言ってもジャンルは様々です。

どこにでもある骨董品としては、「絵画」、「陶磁器」、「掛け軸」、「彫刻」、「茶器(茶道具)」、「工芸品」などがあり、さらに「絵画」だけでも「日本画」、「洋画」、「現代アート」、「中国美術」、「版画」などに細々と分けることが可能です。

あれもこれも鑑定が可能な鑑定士も存在するかもしれませんが、1つ2つのジャンルに的を絞って奥深い専門知識と十二分な経験を以っている鑑定士と対比すると、個人的にはオールラウンドな鑑定士はどこまで信頼できるのかいくぶん疑問を持ちます。

このサイトで案内している骨董品買い取り業者のように、専門性を絞り込んでいるか、得意分野を持ち合わせたバラエティーに富んだカテゴリーの鑑定士が複数人従属しているかのどちらかがお薦めです。

補足として、できることならどういった鑑定士が所属しているかを判断するに伴って、骨董品買い取り業者の販売コネクションなども確かめられると更にいいと考えます。

企業ごとにお得意先のお店や美術品愛好者とのコネクションがあったり、国内、海外のコレクターとの関連を持っていたりもしますから、買いうけから販売市場まで、売買の成り行きが用意されている業者ほど買取価格も高くなるケースがあります。

 

骨董品の買取りのコツは信用できる買取業者を選ぶ

骨董品をちょっとでも高く買い取って貰うコツと思えるのは信頼できる堅実な買い取り業者に決める事にあります。
この時代、かなり昔より経営している中古買取り店のショップ、人気チェーン店の買い取り業者、宅配専門業者、出張買取専門ショップバラエティーに富んだジャンルのお店があります。

差し当たってすぐさま売ってしまわず持ち込めるものは何お店かに持ち込むか、訪問査定だったとしても3~4社でお見積もりを示してもらい、あわてずに検討するのも良いと思われます。
伝統を受け継いだ店舗ともなるとこの近辺でクチコミ評判を聞いてみたりすることも賢明だと思います。

骨董品を少しでも高く売るポイントは、

「状態を綺麗に」

「付属品を付帯して」

「スペシャリストな骨董品鑑定士がいる買い取り業者を選択する」

「堅実な業者にお願いする」

だと言えます。
全ファクターがそろわなくてもできる限り揃えて高く買って貰いましょう。

 

評判の良い買取業者






カテゴリー